運気アップで人生ハツラツ!健康・恋愛・就職・婚活さまざまなお悩みと今日から決別^^
« スポンサーリンク »
ホーム » いぬ・いのしし年の守り本尊

いぬ年生まれの性格ってどんな?

いぬ(戌)年生まれの人は、どんな性格の傾向になるのでしょう。
いぬ(戌)年の性格を調べてまとめてみました。


いぬ年生まれ性格



※ただいま記事作成中です。
しばらくお待ちくださいませ。





・戌年と相性のいい干支:卯年(うさぎ)
・戌年と相性が悪い干支:辰年(たつ)

・お互いの欠点をフォロー・カバーし合える干支:寅年(とら)、午年(うま)

いのしし年の守り本尊は「阿弥陀如来」(あみだにょらい)
詳しくはこちら→阿弥陀如来


<そのほか各干支の性格はどんな?>

┏ねずみ年生まれの性格はどんな?
┣うし年生まれの性格はどんな?
┣とら年生まれの性格はどんな?
┣うさぎ年生まれの性格はどんな?
┣たつ年生まれの性格はどんな?
┣へび年生まれの性格はどんな?
┣うま年生まれの性格はどんな?
┣ひつじ年生まれの性格はどんな?
┣さる年生まれの性格はどんな?
┣とり年生まれの性格はどんな?
┣いぬ年生まれの性格はどんな?
┗いのしし年生まれの性格はどんな?






スポンサーリンク

いのしし生まれの性格はどんな?

いのしし(亥)年生まれの人はどんな性格の傾向にあるのでしょう。
いのしし(亥)年の性格を調べてまとめてみました。


いのしし年生まれ性格

【Ad】運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?



●熱心で優しく、騙されやすい正直者

いのししが使われた言葉で一番有名なのは、「猪突猛進」。いのしし年生まれの人はこの言葉通り、熱心で勇気がある人が多いです。しっかり自分を持ち心に一本芯が通っていて、物事をやり遂げる力があり、裏表がない。これがいのしし年生まれの基本性格です。

いのしし年生まれの人は、心が優しくて人に対する思いやりがあります。同時にかなりナイーブで正直者。付き合うと気持ちのいい相手だと言えます。人を信じやすいので、騙されてしまうこともあるようです。騙すよりも騙される側になってしまうのが、いのしし年らしいと言えるでしょう。

正義感が強いので、巨悪に立ち向かい弱者を守るヒーロー役がぴったりのタイプ。困っている人を見過ごせず、自分から厄介事に首をつっこんでしまうことも。

心配症なところもあるので、用心深く、自分を信じて突き進むことができます。

いのしし年の短所としては、頑固で融通が効かないところです。職場で誰かと対立しても、自分が正しいと思ったことをつらぬくでしょう。

そのため、たまに周囲との摩擦が激しくなることがあります。できるだけ言葉使いを柔らかくして、人から反感を買わないように気をつけることで運が開けます。意見をはっきり言いすぎて威圧的に見られてしまわないよう、注意してください。


●穏やかな環境で生き生きと、クオリティの高い仕事をする

「量より質」を大事にして、時間をかけてでもしっかりとした仕事をして周囲を喜ばせます。クオリティの高い結果を出すところが特徴です。みんなに親切で独立心も旺盛なので、フリーランスで働くか、人の上に立ってリーダーとして働くことが向いています。

けれど周りの人との関係がギスギスしていると、内面のナイーブさが出てしまい、本来持っている能力が発揮できないことがあります。困っている人を助けようとして、逆に自分が窮地に陥ってしまうことも。仕事の安請け合いや、焦ることは禁物です。

嘘をつくことは向いていません。奉仕の干支でもあるので、人のため社会のためになる仕事が向いています。
冷静さを身につけることができれば、社会で成功することができます。


●いのしし年生まれの恋愛傾向
いのしし年生まれ恋愛

いのしし年生まれの人は、恋愛においてもとても正直者。気持ちを隠すことや駆け引きが苦手で、相手のことを素直に見つめます。

豊かな愛情表現をして、親密になった相手をとても大事にします。ただ、口に出すことは苦手な人が多いので、両思いになるまでは苦労が多いようです。

人から押されると弱いので、告白された人と付き合ってみたら最終的にうまくいった…ということがありがちです。仕事に打ち込むタイプなので、社会に出てしまうと婚期が遅れがちです。落ち着いた関係を好むので、お見合いも向いています。

結婚後は幸せな家庭を築きます。情熱的で、お互いに思いやれる理想的な夫婦になるでしょう。


●いのしし年にまつわる言い伝え

干支の順番を決める時に、いのししは猪突猛進に前だけを見て走っていたので、ゴールを通り過ぎてしまって、一番最後になってしまったそうです。
前しか見えない!という点は少し気をつけたいところ。

けれどいのししの「亥」という字は、「ものごとの核、本質、全てが組み立てられた状態」という意味を持っています。

十二支の最後に置かれているのも、12年の集大成という意味があるのかもしれません。また、いのしし年は金運のいい干支とされていて、贅沢に興味がなくてもお金に困ることはなさそうです。


・亥年と相性のいい干支:寅年(とら)
・亥年と相性が悪い干支:巳年(へび)

お互いの欠点をフォロー・カバーし合える干支:卯年(うさぎ)、未年(ひつじ)

いのしし年の守り本尊は「阿弥陀如来」(あみだにょらい)
詳しくはこちら→阿弥陀如来


<そのほか各干支の性格はどんな?>

┏ねずみ年生まれの性格はどんな?
┣うし年生まれの性格はどんな?
┣とら年生まれの性格はどんな?
┣うさぎ年生まれの性格はどんな?
┣たつ年生まれの性格はどんな?
┣へび年生まれの性格はどんな?
┣うま年生まれの性格はどんな?
┣ひつじ年生まれの性格はどんな?
┣さる年生まれの性格はどんな?
┣とり年生まれの性格はどんな?
┣いぬ年生まれの性格はどんな?
┗いのしし年生まれの性格はどんな?






スポンサーリンク

いぬ年・いのしし年の守護ご本尊リング

■守護ご本尊はその昔から、おのおのの持って生まれた性質の長所をのばし、短所を抑えるように見守ってくれるといわれる守護仏で、生まれ年の十二支のご本尊を側において置くと福を招いて、天の恵みが受けられると言われています。

いぬ年・いのしし年の守り本尊は
「阿弥陀如来」(あみだにょらい)です。


真言指輪 阿弥陀如来(シルバーリング)【仏像の天竺堂 仏教美術 中】



阿弥陀如来は極楽浄土の教主で、「無量寿如来」もしくは、「無量光如来」という別名で呼ばれることがあり、「無限の寿命をもつもの」、「無限の光をもつもの」を表していて、
「南無阿弥陀仏」日本では念仏の代名詞と言えるほど人々に溶け込んだ如来として知られています。

「南無阿弥陀仏」とは、「わたしは阿弥陀如来に帰依します(ですので阿弥陀如来にすべてお任せします)」という意味をもつ言葉で、「他力本願」という言葉は、阿弥陀如来の「本願」にすがることから生まれた言葉です。そもそも他力とは、阿弥陀如来の力を指す言葉だったのです。  

「自力で修行を重ね、悟りをひらくのではなく、阿弥陀如来の本願(=他力)によってのみ、極楽浄土に行くことができる」という考えは、平安末期から鎌倉時代にかけ、法然や親鸞の浄土教により急速に広まりました。

阿弥陀如来は、浄土教においてはすべてを委ねる仏とされています


■日本にある代表的な阿弥陀如来の所在地

奈良県---法隆寺
京都府---仁和清水寺
静岡県---願成就院
神奈川県---円覚寺
福岡県---観世音寺
岐阜県---願興寺 
東京都---東京都 鉄造最大の阿弥陀如来
山口県---法光寺
大分県---富貴寺
大阪府---考恩寺
広島県---耕三寺

・阿弥陀三尊像

京都府---禅海寺
神奈川県---光触寺
奈良県---法隆寺
滋賀県---常善寺    
和歌山県---五坊寂静院(高野山)
東京都---大悲願寺
福島県---法幢寺
埼玉県---向源寺
山梨県---甲斐善光寺
長野県---善光寺
岩手県---中尊寺  
三重県---仏土寺
兵庫県---浄橋寺  
鳥取県---大山寺
愛知県---安楽寺
宮崎県---万福寺
島根県---清水寺
愛媛県---保安寺
大阪府---四天王寺
福島県---法幢寺


いぬ年・いのしし年の人は、阿弥陀如来の縁日である毎月15日にお参りしてみると、
運気が上がるかもしれませんよ!



スポンサーリンク

Return to page top