運気アップで人生ハツラツ!健康・恋愛・就職・婚活さまざまなお悩みと今日から決別^^
« スポンサーリンク »
ホーム » たつ・み年の守り本尊 » たつ年生まれの性格はどんな?

たつ年生まれの性格はどんな?

たつ(辰)年生まれの人は、どんな性格の傾向になるのでしょう。
たつ(辰)年の性格を調べてまとめてみました。


たつ年の性格

【Ad】運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?


●壮大なエネルギーで人に先んじる、おおらかな自由人

たつ年は、他の干支とは少し違っています。どこが違うのかというと、「たつ」は「辰=龍」でたつ年だけが架空の動物なのです。龍の壮大なエネルギーから積極性と行動力をもらい、常識にとらわれない自由な発想をして人に先んじる、これがたつ年生まれの基本性格です。

裏表がなくておおらかなので、人から頼りにされることが多いでしょう。頼られると人のためによく働いて、自分を犠牲にしてしまうこともあります。それでいて愛想がないため、人から理解されず「何を考えているんだろう?」「ぶっきらぼうな人」と警戒されてしまうかもしれません。

負けず嫌いな面を持っていて、チャンスをしっかり見極めます。目先の利益には振り回されず、最終的な目的に向かって邁進するタイプです。

感受性が豊かで、生まれ持った才能を発揮し始めるタイミングは早い方です。けれど環境に邪魔されてしまうとうまくいかず、大器晩成型になるでしょう。

たつ年の弱点としては、自分の思い通りにならない状況ではパニックを起こしてしまいがちなところ。周囲に敵対心を持って孤立するより、人に協力を頼んだ方がストレスを溜めることなく目標達成に近づけるでしょう。


●専門分野を持ってプロフェッショナルに活躍する

たつ年生まれの人は、マイペースさとワガママが紙一重状態にあります。自分の思ったことを貫きたがるので、人と歩調を合わせることは割と苦手。人とは違ったことをしたがる上に誰よりもプライドが高いので、個性を生かしたプロフェッショナルとして重宝されます。

空中から龍が世界を見下ろしているように、先見の明があって視野を広く保つのが得意なので、リーダー向きです。やりがいを感じている時に幸せを感じるでしょう。

ただ、才能があっても興味がないことはしないため、努力することを怠ってしまいがち。いつまでも謙虚さを忘れないようにすれば、好きな分野で実力を発揮することができます。

自分で納得できる結果がほしい場合は、たつ年の強運を生かせるように粘り強く努力することが必要です。自由気ままな裏に小心さを隠しているストレスフルな状態になりやすいので、夢やロマンを持って自分を信じてあげましょう。


●たつ年生まれの恋愛傾向
たつ年生まれ 恋愛

たつ年生まれの恋愛を一言で言うと、「恋は盲目」。誰かを好きになると一気に周りが見えなくってしまいます。相手選びが自由で既成概念にとらわれないので、周囲からは不思議に思われる人にハマって驚かせてしまうことも。

男女問わずモテますが、恋愛においては本来の積極性を発揮できず、恋愛下手でもあります。繊細でアピールが苦手、相手からのアピールにも鈍感なことが多いです。

たつ年はモテるかどうかより、自分が選んだ相手と一緒にいることに幸せを感じます。愛情深さを発揮して、相手に尽くす性格です。

恋愛における波乱が多くても楽しんで、周囲をハラハラさせることもあります。逆境をロマンチックに感じて激しい恋をするでしょう。お互いを強く必要とする相手としっかりとした関係を築きます。駆け引きをするより、誠実に向かい合う恋愛が向いています。


●たつ年にまつわる言い伝え

天高く登っていく龍に守られているたつ年は、とにかく強運の持ち主。十二支の中でも一番です。お金に困ることもないとされています。

波乱万丈でいながら、長寿の星の下に生まれています。たつ年とへび年の時は世の中の景気がよくなると言われていることからも、豊かさを象徴する干支だと言えるでしょう。


・辰年と相性のいい干支:酉年(とり)
・辰年と相性が悪い干支:戌年(いぬ)

お互いの欠点をフォロー・カバーし合える干支:申年(さる)、子年(ねずみ)

たつ年の守護ご本尊さまは「普賢菩薩」(ふげんぼさつ)
詳しくはこちら→普賢菩薩


<そのほか各干支の性格はどんな?>

┏ねずみ年生まれの性格はどんな?
┣うし年生まれの性格はどんな?
┣とら年生まれの性格はどんな?
┣うさぎ年生まれの性格はどんな?
┣たつ年生まれの性格はどんな?
┣へび年生まれの性格はどんな?
┣うま年生まれの性格はどんな?
┣ひつじ年生まれの性格はどんな?
┣さる年生まれの性格はどんな?
┣とり年生まれの性格はどんな?
┣いぬ年生まれの性格はどんな?
┗いのしし年生まれの性格はどんな?







スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top