運気アップで人生ハツラツ!健康・恋愛・就職・婚活さまざまなお悩みと今日から決別^^
« スポンサーリンク »
ホーム » うし・とら年の守り本尊 » うし年生まれの性格はどんな?

うし年生まれの性格はどんな?

うし(丑)年生まれの人は、どんな性格の傾向になるのでしょう。
うし(牛)年の性格を調べてまとめてみました。


丑年生まれ性格

【Ad】運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?


●辛抱強くて努力家な、スロースターター

「牛歩」という言葉があります。牛のようにゆっくり進むという意味で、国会戦術で使われている映像を見たことがある人もいると思います。うし年生まれの人は、まさにそういう生き方をします。一歩一歩確実に進んでいく、それがうし年生まれの基本性格です。

うし年生まれの人は自分が納得するまでは動こうとしないため、動きが比較的ゆっくりになってしまう傾向にあります。

一見するとスロースターターに見えてしまうのは、始める前に色々と考えてしまうため。その代わりとても辛抱強く、努力家でもあるので、一度始めると成長が早くしっかり成果を残します。

うし年生まれの弱点は、人に頼ることが苦手なところ。辛いことを一人で抱え込みがちなので、悩み続けて苦しく感じることもあります。辛いことを仕事で紛らわそうとするので、ワーカホリックになって体を壊さないように気をつけてください。


●曲がったことが嫌いで、チームや家族を大事にする

うし年生まれの実行力を生かせる場所にいれば、リーダーになることもあります。チームのために献身的な、いいリーダーになれるでしょう。

また、無口だったりして特に目立つわけではないけれど頭がいいので、「縁の下の力持ち」キャラもぴったりです。自分が所属しているチームや家族のことをとても大事にするので、時間がたつにつれて人望が厚くなっていきます。

規律を守り、曲がったことやラクすることを嫌う性格が、人から信用される大きな要因とも言えるでしょう。

けれど曲がったことが嫌いだからこそ、人に厳しくなってしまうことがあるようです。「ズルをするのは悪いやつだ!」と固定観念を持っていると、大事にしている家族やチームのメンバーから嫌われてしまうことも。できるだけ頭をやわらかくすれば、もっと人から好かれるようになります。


●うし年生まれの恋愛傾向
丑年生まれの性格

無口だけど心には誰よりも情熱を秘めている、それがうし年生まれの恋愛です。

うし年生まれの人は、基本的におとなしくて口下手。けれど恋愛にはナイーブかつ情熱的で、相手に尽くす傾向があります。気持ちが燃え上がりすぎると、尽くしすぎて飽きられたり相手を甘やかして駄目にしたり、ということになりかねません。

一度好きになると「その人しか見えない」状態になるので、別れ際にトラブルを起こしがち。うし年ならではの実直さ、辛抱強さをいい方向に生かすようにしましょう。

ロマンチックさには少し欠けますが、愛情表現はストレートで、安定した結婚生活を送れます。

うし年生まれの堅実さを理解してくれる人に出会えれば、お互いに刺激し合える情熱的な恋愛ができます。そっけないと思われることが多いので、相手とのコミュニケーションを増やすことが、恋愛を安定させるコツだと言えます。


●うし年にまつわる言い伝え

各地にある「天満宮」や「天神様」では、牛を「神牛」として祀っています。これは、太宰府天満宮の因縁にもなっています。菅原道真公が亡くなってその遺体を運んだ牛が道で動かなくなり、その地に葬ったのが太宰府天満宮だとされます。

また庶民の間では、江戸時代におもしろい迷信があります。殿様がねずみ年生まれだった場合には、うし年生まれの女中は雇わなかったそうです。

ほか、「うし年生まれがうなぎを食べるとよくないことが起こる」とも言われていました。あまり根拠のないことでうなぎが食べられなかったのは、かわいそうですね。


・丑年と相性のいい干支:子年(ねずみ)
・丑年と相性が悪い干支:未年(ひつじ)

お互いの欠点をフォロー・カバーし合える干支:寅年(とら)、戌年(いぬ)

うし年(丑)の守り本尊は「虚空蔵菩薩」(こくうぞうぼさつ)
詳しくはこちら→虚空蔵菩薩


<そのほか各干支の性格はどんな?>

┏ねずみ年生まれの性格はどんな?
┣うし年生まれの性格はどんな?
┣とら年生まれの性格はどんな?
┣うさぎ年生まれの性格はどんな?
┣たつ年生まれの性格はどんな?
┣へび年生まれの性格はどんな?
┣うま年生まれの性格はどんな?
┣ひつじ年生まれの性格はどんな?
┣さる年生まれの性格はどんな?
┣とり年生まれの性格はどんな?
┣いぬ年生まれの性格はどんな?
┗いのしし年生まれの性格はどんな?




スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top