運気アップで人生ハツラツ!健康・恋愛・就職・婚活さまざまなお悩みと今日から決別^^
« スポンサーリンク »
ホーム » いぬ・いのしし年の守り本尊 » いのしし生まれの性格はどんな?

いのしし生まれの性格はどんな?

いのしし(亥)年生まれの人はどんな性格の傾向にあるのでしょう。
いのしし(亥)年の性格を調べてまとめてみました。


いのしし年生まれ性格

【Ad】運命を変えるフシギな力。しかも全員プレゼント!?



●熱心で優しく、騙されやすい正直者

いのししが使われた言葉で一番有名なのは、「猪突猛進」。いのしし年生まれの人はこの言葉通り、熱心で勇気がある人が多いです。しっかり自分を持ち心に一本芯が通っていて、物事をやり遂げる力があり、裏表がない。これがいのしし年生まれの基本性格です。

いのしし年生まれの人は、心が優しくて人に対する思いやりがあります。同時にかなりナイーブで正直者。付き合うと気持ちのいい相手だと言えます。人を信じやすいので、騙されてしまうこともあるようです。騙すよりも騙される側になってしまうのが、いのしし年らしいと言えるでしょう。

正義感が強いので、巨悪に立ち向かい弱者を守るヒーロー役がぴったりのタイプ。困っている人を見過ごせず、自分から厄介事に首をつっこんでしまうことも。

心配症なところもあるので、用心深く、自分を信じて突き進むことができます。

いのしし年の短所としては、頑固で融通が効かないところです。職場で誰かと対立しても、自分が正しいと思ったことをつらぬくでしょう。

そのため、たまに周囲との摩擦が激しくなることがあります。できるだけ言葉使いを柔らかくして、人から反感を買わないように気をつけることで運が開けます。意見をはっきり言いすぎて威圧的に見られてしまわないよう、注意してください。


●穏やかな環境で生き生きと、クオリティの高い仕事をする

「量より質」を大事にして、時間をかけてでもしっかりとした仕事をして周囲を喜ばせます。クオリティの高い結果を出すところが特徴です。みんなに親切で独立心も旺盛なので、フリーランスで働くか、人の上に立ってリーダーとして働くことが向いています。

けれど周りの人との関係がギスギスしていると、内面のナイーブさが出てしまい、本来持っている能力が発揮できないことがあります。困っている人を助けようとして、逆に自分が窮地に陥ってしまうことも。仕事の安請け合いや、焦ることは禁物です。

嘘をつくことは向いていません。奉仕の干支でもあるので、人のため社会のためになる仕事が向いています。
冷静さを身につけることができれば、社会で成功することができます。


●いのしし年生まれの恋愛傾向
いのしし年生まれ恋愛

いのしし年生まれの人は、恋愛においてもとても正直者。気持ちを隠すことや駆け引きが苦手で、相手のことを素直に見つめます。

豊かな愛情表現をして、親密になった相手をとても大事にします。ただ、口に出すことは苦手な人が多いので、両思いになるまでは苦労が多いようです。

人から押されると弱いので、告白された人と付き合ってみたら最終的にうまくいった…ということがありがちです。仕事に打ち込むタイプなので、社会に出てしまうと婚期が遅れがちです。落ち着いた関係を好むので、お見合いも向いています。

結婚後は幸せな家庭を築きます。情熱的で、お互いに思いやれる理想的な夫婦になるでしょう。


●いのしし年にまつわる言い伝え

干支の順番を決める時に、いのししは猪突猛進に前だけを見て走っていたので、ゴールを通り過ぎてしまって、一番最後になってしまったそうです。
前しか見えない!という点は少し気をつけたいところ。

けれどいのししの「亥」という字は、「ものごとの核、本質、全てが組み立てられた状態」という意味を持っています。

十二支の最後に置かれているのも、12年の集大成という意味があるのかもしれません。また、いのしし年は金運のいい干支とされていて、贅沢に興味がなくてもお金に困ることはなさそうです。


・亥年と相性のいい干支:寅年(とら)
・亥年と相性が悪い干支:巳年(へび)

お互いの欠点をフォロー・カバーし合える干支:卯年(うさぎ)、未年(ひつじ)

いのしし年の守り本尊は「阿弥陀如来」(あみだにょらい)
詳しくはこちら→阿弥陀如来


<そのほか各干支の性格はどんな?>

┏ねずみ年生まれの性格はどんな?
┣うし年生まれの性格はどんな?
┣とら年生まれの性格はどんな?
┣うさぎ年生まれの性格はどんな?
┣たつ年生まれの性格はどんな?
┣へび年生まれの性格はどんな?
┣うま年生まれの性格はどんな?
┣ひつじ年生まれの性格はどんな?
┣さる年生まれの性格はどんな?
┣とり年生まれの性格はどんな?
┣いぬ年生まれの性格はどんな?
┗いのしし年生まれの性格はどんな?






スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top