運気アップで人生ハツラツ!健康・恋愛・就職・婚活さまざまなお悩みと今日から決別^^
« スポンサーリンク »
ホーム » いぬ・いのしし年の守り本尊 » いぬ年・いのしし年の守護ご本尊リング

いぬ年・いのしし年の守護ご本尊リング

■守護ご本尊はその昔から、おのおのの持って生まれた性質の長所をのばし、短所を抑えるように見守ってくれるといわれる守護仏で、生まれ年の十二支のご本尊を側において置くと福を招いて、天の恵みが受けられると言われています。

いぬ年・いのしし年の守り本尊は
「阿弥陀如来」(あみだにょらい)です。


真言指輪 阿弥陀如来(シルバーリング)【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


阿弥陀如来は極楽浄土の教主で、「無量寿如来」もしくは、「無量光如来」という別名で呼ばれることがあり、「無限の寿命をもつもの」、「無限の光をもつもの」を表していて、
「南無阿弥陀仏」日本では念仏の代名詞と言えるほど人々に溶け込んだ如来として知られています。

「南無阿弥陀仏」とは、「わたしは阿弥陀如来に帰依します(ですので阿弥陀如来にすべてお任せします)」という意味をもつ言葉で、「他力本願」という言葉は、阿弥陀如来の「本願」にすがることから生まれた言葉です。そもそも他力とは、阿弥陀如来の力を指す言葉だったのです。  

「自力で修行を重ね、悟りをひらくのではなく、阿弥陀如来の本願(=他力)によってのみ、極楽浄土に行くことができる」という考えは、平安末期から鎌倉時代にかけ、法然や親鸞の浄土教により急速に広まりました。

阿弥陀如来は、浄土教においてはすべてを委ねる仏とされています


■日本にある代表的な阿弥陀如来の所在地

奈良県---法隆寺
京都府---仁和清水寺
静岡県---願成就院
神奈川県---円覚寺
福岡県---観世音寺
岐阜県---願興寺 
東京都---東京都 鉄造最大の阿弥陀如来
山口県---法光寺
大分県---富貴寺
大阪府---考恩寺
広島県---耕三寺

・阿弥陀三尊像

京都府---禅海寺
神奈川県---光触寺
奈良県---法隆寺
滋賀県---常善寺    
和歌山県---五坊寂静院(高野山)
東京都---大悲願寺
福島県---法幢寺
埼玉県---向源寺
山梨県---甲斐善光寺
長野県---善光寺
岩手県---中尊寺  
三重県---仏土寺
兵庫県---浄橋寺  
鳥取県---大山寺
愛知県---安楽寺
宮崎県---万福寺
島根県---清水寺
愛媛県---保安寺
大阪府---四天王寺
福島県---法幢寺


いぬ年・いのしし年の人は、阿弥陀如来の縁日である毎月15日にお参りしてみると、
運気が上がるかもしれませんよ!



スポンサーリンク

いぬ・いのしし年の守り本尊に関連する記事はこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Return to page top